浜ノ瀬に誓ったリベンジは、如何に!


昨日の惨敗の後に
誓ったリベンジを果たすべく、今日も5時を待ちかねて浜ノ瀬の波止に直行しました。実は、3時ころから仕事が手に付かなくて、

いっそのこと釣りに専念しても良かったくらいの一日でした。で、5時過ぎに現場着。相変わらず風が強くて釣りになりそうもない。

でも、その風のおかげで釣り人はゼロです。チャンス到来か?いやいや「誰も釣りにならないことが分かっていて来ない」のでしょうか?

どちらにしてもナンバー1の釣り座に陣取れました。

急いで仕掛けの用意釣り針も少し小さめの鯵針に。ウキもゴムで留めるタイプに。昨日の反省点は、怠りなく改善して備えました。

餌も少し小さめのMLサイズです。Mサイズが欲しかったんですが、MLサイズしかなくてこれで何とか対応しようと思います。

ウキ下は、2ヒロから始めます。第1投。全く反応なし。餌もそのまま戻ってきます。第2投、やはり同じです。餌を交換して第3投目にしてウキが引き込まれました。

合わせても素針です。魚は居るようですので釣れるように努力するのみですね。まずは、ウキ下を上げたり下げたり、やっと1.5ヒロで当たりが連発するのを見つけました。

次は、針に乗せること。餌を大きくしたり小さくしたり工夫します。半分にして頭を捨てて胴から尻尾向きに背を内側に刺してやっと針に乗りました。

「君、誰?」上ってきたのは、ふくれっ面のあいつです。

丁重にお帰り頂きます。そしてめげずに釣り続けます。お二人めー。

「小さいなー。」豆鯵でも更に小粒な奴です。ま、これでも1匹ですから贅沢は言いません。

三匹目は、鯛です。ま、チャリコと言いますが。きれいに針から外れましたのでリリースします。

四匹目は、元気な鯵君でした。できれば鯵君、から揚げできるくらい釣りたいなあ。

ぽつぽつ釣れてきましたよ。幾つか釣ったのちこの方がお見えになりました。

サンバソウですよね。彼?は飲み込んでいましたのでキープです。小さな口の魚まで飲み込んでいたので、針を少し大きくします。これで、餌も付けやすくなります。

「ビューッ」糸が鳴るくらい横走り。誰かと思ったら鯖君でした。

豆鯵が、幾つか釣れた後。合わせを入れても軽く上がって来ないものがかかりました。「ハリスは何号だったかな」とっさに自問自答しながらドラグを緩めます。

タモを持っていなかったので十分弱らせて、遣り取りの後上ってきたのは、友達でした。「ハゲ」しかもまあまあですよコイツ。帰ったら「今日は友釣り?」って聞かれそうです。

更に豆鯵を挟んで、極めつけ。

バリコ(アイゴの小型のモノ)です。よく引く魚です。さっきまあまあのハゲを釣った後なので慌てません。楽しませてもらいました。でも、毒針が怖いので、扱いなれた友達にあげましょう。

その後も、釣れたり素針を引いたりでタイムアップ。

リベンジは、出来たと思います。自画自賛。

「また釣りに来ようっと!」



スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする