「テグス」「ハリス」身勝手な「推論」。釣り糸の名前のことですけど。

「テグス」「ハリス」。

「古くからある言葉」なのに「日本語のような外来語のような」考えてみれば不思議な感じがします。他に「道糸」これはわかりやすい。

でもこれに似たものとして「天井糸」「幹ス」「枝ス」等々。

東レ(TORAY) ライン 銀鱗スーパーストロングアイサイト 150m 1.5号 ライトグリーン

英語では 釣り糸は「FISH LINE」テグスは「FISHING GUT」が多く使われ

ハリスは「SNELL」が使われるという。

大雑把に釣り糸は「FISH LINE」と呼んで話が細かな部分に及ぶとテグスは「FISHING GUT」等々。使い分けてるのかな?

デュエル(DUEL) ハリス HD プロ100S フロロカーボン 100m 1号 クリアー H1112

スポンサーリンク

日本でも

日本でも「釣り糸」「テグス」「ハリス」と呼んでるのとおんなじ感じですよね。

話は戻って「テグス」はナイロン糸誕生前の糸の製法から、原料を取るための蛾の幼虫「テグスサン」に由来するという説が多くありますが、

では「ハリス」は語源をたどれば「テグスサンハリス」とか原料に近づくと思うのだが、そんな記述は見つからない。

メイホウ(MEIHO) VS-7070 ランガンシステム

有力な手掛かり

有力な手掛かりの「テグスサン」を辿ってみると「テグス」と「サン」に分かれると思います。

「サン」は「養蚕」の「蚕」でしょう。所謂、芋虫みたいなやつの仲間の事。

その体内にある糸の原料を取り出して思い思いの長さと太さにして使ってたんですね。

作り方としては、ナイロン樹脂の塊からナイロン繊維(テグス)を作るのと似た感じだと思います。違いとすれば「天然材料と工業材料の違い」みたいな。

OWNER(オーナー) OH 袖 フック 赤 1-0.4 釣り針

ハリスの場合

「ハリス」の場合、「テグスの仲間」で「針用の部品(糸)」と言う意味でしょう。

「針」は、針。「ス」は「部品(糸)」ですね。

強引に考えれば「ス」は「糸」と言うことに気が付きます。

ハリスは「針に結ぶ糸」自画自賛ですが、納得のいく推論だと思います。

シマノ (SHIMANO) リール アリビオ 2500 3号120m 糸付

では「テグス」は

「テグス」に置き換えてみます。まず「テグ」は置いといて「ス」から見てみると。

先の推論から「ス」は「糸」ですからこのままに。残る「テグ」は、「手繰」ではないでしょうか?

漁師にはリールや竿をを使わずに「手繰り」で釣る漁法があるらしい。実際、義父(嫁の父親)に漁に連れて行ってもらった時、木の枠に巻いた「仕掛け」を手で手繰って釣っていました。

その経験から「手で手繰る」を「手繰(テグ)」と結び付けてみます。

第一精工 高速リサイクラー2.0

まとめてみると

「テグス」や「ハリス」は材料や製法の名前ではなく「使用箇所」や「使用方法」から由来した名前ではないか?という「私の勝手な推論」でした。

これは、調べても納得がいかなかったからであって、本当の答えとはかけ離れてるかもしれませんが、見てきたこと符合する部分もあって私は納得できています。

間違っていれば「オッサンのたわごと」として忘れてください。

では、また。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする