日高港湾、岸壁から太刀魚の半夜釣り。10月7日、8日の釣果は。

太刀魚の半夜釣りが面白く、丁度時間帯の合う釣り友が何人か出来たので「釣り情報収集」も半分、釣れても嬉しい楽しみの一つになっています。みなさん飽きもせずに毎日通ってきていますよ。それぞれ何処が悪いとか今日は医者に行ったとか言いながら通ってこれるんだから健康なんですね。私も仲間に入れて貰えているのかな?。

「秋深き 隣は何を する人ぞ」松尾芭蕉 「棚深し 隣は何を 釣る人ぞ」

夜釣りや早朝の釣り。私が通う日高港湾は、車横付けの釣り場ですので高齢の釣り師が集う釣り場でもあります。朝マヅメを狙う早朝の釣りでも場所取りは午前1時頃から始まっているようです。1時でまあまあ2時では遅いと言われているくらいですから。年老いても趣味の世界でも現実は競争社会なんですね。

大阪ナンバー、なにわナンバー、垢抜けした車が大集合。中古車展示場じゃありません。日高港湾の岸壁です。

10月7日日曜日。今朝は釣りにならないのを覚悟で、日高港湾に出かけてみました。午前4時前です。案の定「県外ナンバー」のキレイな車が多いですね。軽トラは、いつもより少ない(無い?)みたいです。私は、軽トラ1号で出動していますので軽トラは最低1台はあることになります。本日は大型発電機持ち込みの釣り師は居ないようで賑やかな発電機の音は聞こえてきません。

太刀魚エサ釣りデビュー。キビナゴ持って日高港湾通いが始まるかな?浜の瀬サビキも。

久しぶりに夕方から浜の瀬に行ってきました。前回は午前中の釣行でしたので出会う釣り師も釣り場の雰囲気も違うんですよ。で、今回は午後の部です。h間の瀬の漁港は台風25号のうねりで釣りができる状況ではありませんでしたが「勝手知ったるなんとか」で最低限釣りが成立するポイントがありますのでサビキ釣りをやってみます。

太刀魚用自作ジグサビキをテストしました。結果は1尾でした。日高港湾

日高港湾の太刀魚が回復してきましたので、自作ワイヤーのジグサビキをテストしました。ワイヤーが太かったのか?結果は1尾(しかも細い)でした。残念なことにヒットしたのはジグの方でサビキ部分にはヒットせずでした。集魚には効果を発揮したものと自己満足しています。

台風24号後の海。濁りが取れて釣れ始めるのはいつからか?日高港湾~浜の瀬漁港

台風24号が過ぎて濁ったため全く釣れなくなった海ですがいつまでも釣れないままでは無いと思いますので釣れはじめの爆釣に出会いたくて偵察を繰り返しています。日高港湾の特等席周辺も竿出し組はごく僅かで、竿を持たない釣り師たちの談話室状態になっています。

台風24号がすぐ近くの田辺市付近に上陸しました。高潮が起きたそうで、海岸の様子が気になります。

19時30分を過ぎたころ、あれほど騒がしかった家の外が少し静かになってきました。雨は降っていますが風が止んできたようです。時折まだ強く吹くこともありますが先ほどまでとは違っています。「こりゃあ、台風の目やな?」と勝手に想像して外に出て空を見上げても星は見えていません。

鯵のかご釣り。入門編~仕掛けを間違えて買って大失敗~日高港湾

「釣り友」が、早く来て太刀魚釣りまでの間に鯵のかご釣りをしているのを見て、見よう見まねでやってみましたが、仕掛けを買うときに思い込みで船釣り用のモノを買ってしまい「大失敗」辛うじて4尾の鯵は釣れましたが「釣り友」から「こりゃあカゴがデカすぎる!」と指摘を受けて後日また別の小さなものを買った次第です。