スポンサーリンク

見よう見まねでお庭アウトドア・石積みかまどは成功するかな?①

「屋外で、たった一度お湯を沸かしただけ」という超初心者な私です。キャンプやバーベキューなど、釣り場でもアウトドアクッキングをバンバンやっている先輩方からすれば「コイツ、なんなの?」程度の輩ですが始めてみました。

「かまどを作って火入れまで」という計画でしたが、途中で雨が降り始めましたので今回はかまど(らしきもの)を作っただけに終わりました。先は長いでしょうから慌てません。できるときに無理せずやって行きたいと思っています。

スポンサーリンク

材料は庭に有ったもので

かまどを作る材料ですが、将来アウトドアで何処でも(許されている場所で)やってみたいのでなるべく現地で利用できそうなもので作ってみます。ちょうど庭を作ってもらったときに使った大きめの石がありましたので、それをかき集めて利用します。当時はこんなもの漬物石にでも使えるかな?なんて感覚でしたが探すとなれば貴重品扱いです。汗かいて集めました。

設営場所は、砂利を入れた中庭です。小さな孫たちが走り回るようにしていましたが、最近では、端に植えていた芝生が砂利にも広がっていますので、アウトドア気分も醸せます。火を使うものですから少し芝生を剥いで設営していきます。道具も何もあり合わせですからなかなか思うようにはいきませんが、こんなもんでしょう。

石を並べてみます。実際にこんな風なかまどで火を燃やした経験がありませんので想像しながら組み立ててみます。石もなかなか思うように置くことができませんが何度かやっているうちにコツがわかってきたようで形ができ始めました。少しずつ形ができ始めると想像の中ではすでに火が燃えている場面が浮かんできます。

雨が降ってきたので

今日は、火入れまでと思っていましたが、途中からポツリポツリと雨がこぼれ始めましたので、形ができたところで中断です。準備しておいた金網を載せてみます。(鍋などを)上から吊るすようにすれば本格的なのですが、それは今後の課題として、とりあえずは金網に載せて煮炊きができるように考えています。

 

燃料は、炭を使おうかと。アウトドアでは薪を探すのが常道かと思いますが、炭なら煙も出ないだろうし初心者にはいいだろうという考えです。炭は既に準備してあります。できればお湯くらいは沸かして嫁さんに自慢したかったのですが、雨とは。計画通りにはいかないものですね。

 

次回は、このかまどに火入れしてできれば釣ってきた鯵でも焼いてみたいな?なんて考えています。これでうまくいけばもう少し大きめのかまどを作って大きな肉など焼ければいいかな?夢は広がりますよね。そしてそのあとは本格的に海辺なんかでかまどで料理。楽しみです。  

 

では、また。

 

見よう見まねでお庭アウトドア

次の記事