おかず釣り師が行く!「今の鯵 ズボのサビキか 投げるのか? 」#波止釣り #おかず釣り #刺身にできる鯵

私が暮らす地域は、紀伊半島の真ん中あたり「日高川」の河口近くになります。おかず釣りには恵まれた環境です。私はこの日高川の北岸や南岸近くの釣り場を行ったり来たりしながらほぼ一年中「刺身にできるサイズの鯵」を釣っています。河口近くですからこの付近の釣り場は魚種も豊富なんですが、やはり安定して釣れっるのは鯵でしょうか?昨年末から今年の初めまではカマスが良く釣れました(ギャング釣り)が、お祭り騒ぎだったカマスの季節も終わってまた元通り?今は鯵を追って行ったり来たり。

ごく最近までは、カマス釣りの終盤頃から続いていた「深い釣り場での鯵釣り」に通っていましたが、此処も最近では少し渋くなり始めました。明るくなってからの「遠投カゴ釣り」ならまだまだ数は釣れますが、「暗いうちのズボサビキ」では釣果が今一つ。私はこの「深い釣り場」で釣るときは「ズボサビキ」(足元で釣るサビキ釣りの基本形?)が好きなんですね。拘っているといってもいい程です。

「だから「遠投カゴ釣り」で釣れてもあまりワクワクしません。柔らかい竿で釣るズボサビキの「あの突然のアタリ」が好きです。上手な人に言わせればズボサビキにも前触れのようなものがあって「あ、来るな?」っていうのが分かるといいますが、私にはそれは全く分からないことでいつもアタリは突然やってきます。「これが面白い!」

スポンサーリンク

近頃は北岸近くの漁港

南岸の大きな港の釣果が落ち着いたこの頃ですが、少し前に降った雨の頃からか?北岸の漁港内で中~大サイズの鯵が爆釣しているという話が聞こえてきました。話を聞いた日は餌(アミエビ)を解凍していなかったので諦めましたが、翌日に早速行ってみました。此処は釣りをするにはとてもいい環境なんですが、最近は沖の方の突堤が立ち入り禁止になっています。

聞けば(確かな話は確認していませんが)遊漁船が通行するときに通い慣れた釣り師なら仕掛けを巻き取って(通過を)待つのですが、仕掛けかルアーか?を(船にに)投げ込んだか?当てた?輩が居たそうで危険だからと封鎖されてしまいました。ただ、此処の突堤には幼い子供連れが、家族で釣行していることも多く、私も何度かそんな光景を見ましたが、親御さんが釣りに夢中になって小さな子供をほったらかしにしているんですよね。

たいていライフジャケットを着せている親御さんは子供の行動にも敏感ですが、ほったらかしの人たちは何もかもがほったらかしの様子です。見かねた私のようなおせっかいなおじさんが注意すると「思いっきり迷惑そうな顔をされる」ひどい時には「ほら、おっちゃんに怒られたでしょう!」と悪者にされたりする。たぶん、今回の封鎖の件とこのような風潮は無関係ではないでしょう。

遊漁船に迷惑行為をやった人は何時もそういうことをやってるわけじゃないと思うし、もちろんその場にいた人たちもみんなそんなことをやろうとは思っていなかったはずです。ただ、一人の一時的な行為によってその後みんなが困ることになるわけですから「私も含めて」釣り場での行動には注意をしなければなりません。

早い人は2時ころから

噂通り鯵の回遊はありました。その原因(鯵の回遊の目的)は推測できませんが、水は濁っていましたしシラスのようなベイトは沸いていました。おそらく鯵はこのベイトを狙って回遊しているんでしょうね。前日は割と早くから釣れたらしいのですが、この日は暗くなる前のほんの1時間ぐらいが時合でした。ただ、ピーク時は投げれば即ウキが沈むというくらいに忙しい場面もありました。

 

早くから陣取ってい約3時間はみんなと話に花を咲かせて待つことになります。

 

そんな中(私より良い釣り座にいた2組ほど)は、待ちきれずに帰っていきました。おかげで私も少し一等席に近づけましたよ。釣れ始めは外海側の沖に投げたかご釣りの竿から釣れ始めましたが、私の順番までなかなか回って来ません。初めはズボ釣りで待ち構えていましたが、痺れを切らして投げサビキに変更します。ついでにサビキも自作のものに。(実は、今回は調査釣行と割り切って市販の安価なサビキを使っていました)

※午前中、日高川南岸の港での釣果

暗くなれば時合は終わり

※午前中、日高川南岸の港での釣果

投げサビキで釣り始めて1投目からクリーンヒット!タナがまだ合っていませんでしたが、見事にウキが「スパッ」と海中に引き込まれましたので、これまで釣れなかったモヤモヤが一気に吹っ飛んだ気分です。その後もだいたい一投一尾の入れ食い状態が続きました。釣れてはいましたがタナが合っていなくて寝ウキで釣っている状態でしたので、入れ食いが一服した間にタナを調整。

 

次回に備える意味も含めてキチンと合わすことにします。今回此処での鯵釣りは初めてでしたので釣り初めは少し戸惑いがありましたが、しばらくしてそれも解消できてまわりと肩を並べるくらい釣れたかな??一時間と一寸で30尾程度を釣って刺身にできる鯵が二尾程度。あとは中サイズですから開きか、フライにでもしてもらえるでしょう。南蛮漬けには少し大きい感じです。

 

暗くなって、知り合いが何人かやってきましたが、すでに時合いが終わっていましたので活かしてあった鯵は「飲ませ釣り師」に、クーラーに入れてあった鯵は鯵釣り名人にそれぞれあげて残ったのが15尾程度でした。短い時間の投げサビキということを思えば良く釣れた方だと自画自賛しています。さて、次はどうするかな?やはりゆうマヅメのこの釣り場になるかな?             

 

では、また。

※今回の記事の釣果(知り合いに半分程度あげた残りです)