「シン ゴジラ」見ました。

近年のゴジラ先日に続き見ました。これも2回目くらいかな?初めてじゃなかったと思います。
まだ見たことのない方はネタバレを含みますのでここで引き返してくださいね!

シン・ゴジラ


ホームへ戻る

スポンサーリンク

東宝製作のゴジラシリーズの第29作目(ストーリーが続いているわけではありません)

日本製作のゴジラ映画としては「ゴジラ FINAL WARS」以来約12年ぶりです。どこと比べるでもなく、日本の政治や行政にある縦割りの弊害や決定の遅さ等を浮き彫りにさせるような構成・演出が面白かったです。

旧態依然とした日和見主義が蔓延する中で奮闘する若い政治家や行政マンの活躍も描かれていて、ある意味安堵感のあっる映画でもありました。

このゴジラでは総監督・脚本「ヱヴァンゲリヲオン」の庵野秀明
「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督
「のぼうの城」「進撃の巨人」などの特撮監督:尾上克郎が准監督を務めています。

私のようなごく一般的な観客と違って、それぞれの監督たちの「コアなファン」も期待していた作品ですので、今までのようなチープな日本映画の感じじゃなくて、「予算なりに統一されてしっかりと作り込まれた映画だな」って感じでした。

また、「狂言師の野村萬斎」が「ゴジラのモーションキャプチャーアクター」として参加したのも注目されるべき点の一つだと思います。

物語は

初めに東京湾で水柱が上がり、東京湾アクアラインでトンネル崩壊しました。右往左往しながら対策も整わないうちに、
ゴジラの幼生が上陸して2時間ほど動き回って100名以上の死者と甚大な被害をもたらしますが、ほどなく海に帰ります。

あたふたしていた政府もほっと胸をなでおろします。その間に政府には「巨大不明生物特設災害対策本部」が設置され矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官が事務局長に就任しました。

暫くして今度は、成獣のゴジラが上陸しました。人間側は手を尽くして攻撃しますが、ゴジラは攻撃には反撃するもののただ歩き回るだけです。

決着はついたのか?

ゴジラの国際管理に反対するアメリカとゴジラをどうすることも出来ない日本は、アメリカと熱核爆弾で始末する計画を練り実行に移そうとしていますが、矢口は日本の若手技術者らとともにゴジラを冷却して活動停止させるプランを主張し核攻撃開始までの時間を与えられます。

結果は冷却作戦が成功して、ゴジラは活動を停止します。では、ゴジラは何の目的でやってきたのでしょう。歩き回るためだけでは無いでしょう。

続編はあるのかな?あったなら目的は次回に!かな?  それではまた。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする