「サビキ針自作用」簡単!タイイング用ボビンホルダーの自作

「もっとよく釣れるサビキ針は無いものか?」「どうやら自作の擬餌針がよく釣れるらしい。」何だかんだと情報が入ってきます。さて、作ってみるには何が要る?もちろん針や羽毛(羽かな?)素材は幾つか必要でしょうが、それ以外には道具が要りますね。バイスは簡易なものが手元にありました。他にとりあえず要るのは「ボビンホルダー」でしょうか?

スポンサーリンク

ボールペンの芯

なんでも作ってみたい性分なので早速やってみます。先ずは口の部分。適当な細さのパイプが無かったのでボールペンの芯(インクが入った部分)をカットして使ってみます。

もちろんインクが無いもの(使い古し)を探して適当な長さにカットします。

ダイソーで部材

ダイソーで部材を揃えてきました。糸はボビンの大きさが気になりますのでとりあえず買って来ました。

大き目のビーズはネットの製作記事で見かけたので。ピアノ線は少し細めですが手元に有りますし、後要るとすれば(ボールペンの芯を取り付けるための)テグスと瞬間接着剤かな。

見た感じ、ビーズはどう使おうかな?今回は必要ないかもしれない。

作ってみます

ピアノ線を曲げて行きます。比較的細い(1.2mm)ですが、曲げるにはかなり力が要ります。

想像した形に曲げて行きます。ボビンが空回りしないように芯の中に入る部分を工夫してみました。

シンプルで再現しやすい形に出来ました。各部のサイズは、いつもの事ながらテキトーです。

曲げの工程

一応曲げの工程は終わりました。これから、口の部分を取り付けます。

テグスを巻き付けて瞬間接着剤で留めるだけの簡単な作業です。

上手くできました。(自画自賛)ピアノ線が細ければ太いもので作り直します。

ぶら下げてみてボビンが空回りしないか見ています。これなら行けそうですね。本格的なサビキを自作してバンバン釣ってやるぞ!

では、また。

釣り道具探求一覧