気軽にカゴ釣り!「サビキ用下カゴにオマケ針用テンビンを付ける」市販されているものもありますが。

サビキ釣りがだんだんと釣れなくなって、

最近は細いハリスに拘った釣り師だけに釣果があるようになってきました。


それでも中には大物も混じっているわけで、

細いハリスにそんなのが喰いついてきたらひとたまりもありませんよね。


釣り師として釣りたいのは

「数も釣りたいが小さいのよりは大きな魚が釣りたい!」

「だったら、他に方法は?」と言えば

「餌釣り、カゴ釣り」というところに行きつきますよね。


「いきなり本格的なカゴ釣りまでは・・・」

と躊躇する方も居られるでしょう?そうです。私もその一人です。


「サビキ釣りにまだ未練がある」

「サビキでも釣れるだろう!?」

と過去の良い思いを引きずっている気がします。


そんな私たちでも気軽にカゴ釣りを試せる仕掛けが売られていました。

「オマケ針用のテンビンが付いたカゴ」です。


ただ、このカゴはテンビンの長さが一通りしかなくしかも細い

(テンビン部分が)ので

(よく釣れるように細いものを使っているのか??)

柔らかくて食い込みの浅い場合がよくあるらしい。


とにかくテンビン部分に選択の幅が無いのが一つの不満点なのです。

そこでこのカゴと同じテンビン無しのかご(カゴ部分が同じという意味)が

3分の1程度の価格て売っていますので

これを買って自分仕様の「テンビン付きカゴ」を

作ってみようとチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

樹脂部分が溶けて

市販品を真似して作ってみようとしましたが、

ハンダ鏝のカロリーが小さかったのか(電子部品用切り替え式)?

温めすぎて樹脂部分が溶けてしまいました。


更にハイカロリーな(ワット数が大きな)鏝も持っていますが、

果たしてそれで万事解決とは思えませんので他の方法を模索していました。


カゴの網の部分に気が付いて、

此処にインシュロックで針金を固定すればいいんじゃないか?

という発想が浮かんで今回の試作に繋がりました。

小型のニッパー

先ずはインシュロックを通す穴を広げます。

これには先の部分がよく切れるハサミかニッパーを使うのが良いでしょう。

 

樹脂部分ですので私は、

電子部品を基板に付けた時に

余分な足を切る小型のニッパーがありましたのでこれが役に立ちました。

ステンレスの細い棒

予め「長さを案分して目分量でコの字に曲げたステンレスの細い棒

(針金??)」を通します。

インシュロック

100均で調達した耐荷重8kgの細いインシュロック

(特に重量がかかる部分ではありませんのでこれで十分でしょう)で

固定していきます。

 

左右に各1本ずつ合計2本で留まります。

もともとついている糸を通す用の穴も利用すれば

4点で固定する格好になります。

 

針金の形がコの字ですので重量は底の部分で受け留める形になりますから、

特に支点に重量がかかることは無いと思います。

スナップ付きサルカンをセット

予め案分して置いた道糸側の先端を丸めて

スナップ付きサルカンをセットします。

 

丸めるのにはかなり力が要りますが、

U字に曲げるだけで抜けないように糸を巻いて固定する

(糸を巻いて瞬間接着剤を滲み込ませる)方法も考えられますので

腕力に自信のない方はその方法なり別の方法を模索してください。

この道糸に繋がる腕の部分は、

買ってきた製品版のデザインを真似て成形します。

テンビン部分を作ります

肝心のテンビン部分を作ります。

カゴ本体を傷つけないように慎重に曲げていきます。

 

テンビンの始まる部分は(市販品は)カゴの底からになっています。

私のバージョンは、カゴの縁からになりますので

多少の違いはありますが、この方が強度的に優れると思いますので、

このスタイルに決めました。

ハリスを繋ぐ部分を丸めます

テンビンの先のハリスを繋ぐ部分を丸めます。

この部分は2重に巻いておきます。

 

硬い針金ですので2回巻くのは一苦労ですが、

市販品のようにきれいなマルにならなくても構いませんので

シッカリ成型してください。

 

先ほどと同じように腕力に自信のない方は

別の方法で結節部分を作ってもいいと思います。

100均のニッパー程度では刃が欠ける?

余った部分をカットして完成です。

 

ステンレスの針金(棒?)は硬くて

100均のニッパー程度では刃が欠ける場合があるほどです。

 

私は、閻魔様が使うような物々しい工具でカットしましたので

楽に切れましたが、

こんなのがない方は丈夫なペンチなどでカットされると良いでしょう。

 

また、曲げる場合もかなり固いので

それなりの大きさのラジオペンチなどが良いかな?

完成しました

完成しました。

中央が市販品。両端が自作品です。

 

向かって右端がプロトタイプ。

左端が2個目に作ったものです。左端の方が出来が良いですね。


試し釣りは未だですが、若干針金が太いので、

ハリスは長めがいいかな?

こんな長さのテンビンでも1ヒロや2ヒロのハリスを

繋ぐと書いています(ネット等の記事から)が

もつれないものなのでしょうか?


私は以前に25cm位の市販のテンビンでカゴ釣りに挑戦しましたが、

一ヒロ(1.5m?)くらいのハリスでも

何度かもつれて解くことがありました。


船釣りではなく遠投しますから滞空時間が長くても

つれるリスクはかなり高くなりそうですよね。


ましてや今回は、欲張ってサビキの下に追加する仕掛けですから、

尚の事トラブルは避けたいものです。


釣果に影響する最低限のハリスの長さは

それぞれで割り出していただく必要がありそうですね。

それと自作ですから、再現はあくまで自己責任でお願いいたします。


では、また。


※動画版もアップしています。

興味がおありの方は動画版もよろしくお願いいたします。