久しぶりに「釣りバカ日誌4」鯉太郎誕生、和歌山県由良のイカダチヌ、を見た。

1991年12月公開だった「釣りバカ日誌4」浜ちゃん(西田敏行)スーさん(三国廉太郎:故人)も若かったですね。27年も前の事なんやア。自分も年取るのも無理ないですね。

釣りバカ日誌4

ま、あんまり古いことばかり言っても嫌われるだけかな?
この「釣りバカ日誌4」の舞台は、和歌山県由良町戸津井の釣り宿と岸壁、十九島前の筏です。もちろん、東京でのシーンや社内のシーンは別ですが。

意外と(当時はどうだったか、知りませんが)いまは知られていないようで、釣り場で出会った若者に映画のことを話しても「ふーん?」って感じで拍子抜けです。(若者だから無理ないか?)

当時私は近くの衣奈というところに通っており、ロケバスに何度も出会っていましたが、残念なことにそのころ釣りには興味が無くて、ロケを見に行ったりはしませんでした。

戸津井の波止は、外向きにはチヌやチャリコ、グレ、アオリイカなどが、内向けには小鯵、小鯖、時期によってはカマスなどが釣りものです。

アクセスも「釣りバカ4」のころに比べれば、戸津井大橋も整備されて格段に行きやすくなっています。

さて、ストーリーは。宇佐美和彦(一之助の甥・鈴木建設営業三課:尾美としのり)と由良(戸津井)に駆け落ちした太田町子(八郎の妹:佐野量子)を、スーさんと浜ちゃんで迎えに行くことに。

そこで和彦は町子と婚約を結び ~ここに、戸津井での釣りシーン~ 和彦は鈴木建設を正式に退職する。

その後、和彦と町子の結婚披露宴の最中連絡が入り、ドタバタ喜劇の末、浜ちゃんの妻(みち子:石田えり)は無事「鯉太郎」を出産する。

30年ちかく前の映画ですが、「スーさん浜ちゃん」のコンビが面白くなり始めた頃の作品で、久しぶりに見ても楽しめました。22年も続いたんですね。「釣りバカ日誌」

戸津井の波止に釣りに行きたいなー。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加していますので是非押してください!!

スポンサーリンク

ランキングに参加しています!

人気ブログランキング
FC2ブログランキング

↑どれでも構いませんのでぜひプッシュお願いします!

フォローする