スポンサーリンク

おかず釣り師が行く!「喰わぬなら 掛ければいいさ カマス釣り」

私が今、足繁く通う波止場の釣りものとしては大物ならメジロやサワラ。もちろんヒラメなども挙げられますが、大物に縁のない釣り師にとっては鯵に加えてカマスが嬉しい釣りものに数えられます。

カマスは、冬の初め。大阪湾の方から南下してくるのでしょうか?私たちのテリトリーに回遊し始めます。初めは水温の関係だと思われますが、餌を活発に喰っているようで、私たちは岸際を回遊するカマスの習性に沿って波止の足元にカマスサビキを上下させて待ち構えます。夜が明けてすぐのころからカマスがやってきていい日には面白いようにカマスサビキに喰いつきます。

日に日に秋が深まって、一雨ごとに海水温が低下し始めると徐々にカマスが口を使わなくなり始めます。それなのになんで湾内に回遊するのかと言えば、海岸線に沿って南下するカマスが一時的に私たちが待ち構える構内にやってきたとしても餌がなければ直ぐに出て行ってしまうはずなんですが、其処にはこのカマスを狙う先に書いたメジロやサワラが湾の入り口近くで待ち構えています。

スポンサーリンク

出ていきたくても出ていけない状況

いったん岸沿いに湾内に入ったカマスが出口をふさがれた格好になって湾内に閉じ込められます。海が荒れたり海水温が変わったり等の大きな変化があればフィッシュイーターたちの監視も緩んでカマスの群れも移動できますが、それがない限り人間とフィッシュイーターに狙われ続けることになります。

 

もちろん鯵やその他の小魚も境遇は同じなんですが、フィッシュイーターにしてみればカマスが特に旨いらしい。人間にはほかにもうまい食べ物はあるのですが彼らには今ここにあるもの以外に選択肢がない訳でその中で一番となればカマスの注目度はうなぎのぼり(カマスのぼり??)になります。

 

カマスは歯が鋭いことで有名ですが、身が柔らかい。鱗のある魚ですが、カマスの鱗の鎧は大して身を守ることに長けているわけではなく簡単に身が食いちぎられる状態です。このカマスサビキが終われば次はカマスのひっかけ釣りですが、引っ掛け針に、簡単に引っかかってしまうほど身が柔らかくて鱗の防御ができていない。タチウオも同じように鱗の防御が手薄な魚ですが、よほどまとまった数が群泳していなければ体が薄く扁平なことでひっかけ釣りには向かない魚です。余談ですが、太刀魚も鱗の鎧が堅固でないために稀に鯵釣りのサビキ仕掛けに引っ掛かったりすることがあります。また、同じように太刀魚も(カマスも)歯の鋭い魚でもあります。

徐々に口を使わなくなって

群れが回遊してくれば、カマスサビキに面白いように喰いついていたカマスですが(たぶん)水温の変化(低下?)とともにサビキに喰いつかなくなってきます。そのあとは先に書いたように引っ掛けて釣ればいいだけのことなんですが、このひっかけ釣りは泳いでいる魚を引っ掛ける釣りですので、広いエリアや深い水深のところではなかなか成立しづらい釣りでもあります。

 

要するに的が絞りづらいという事なんです。元々弓で射るように狙って引っ掛ける釣りではありません。ただ闇雲に引っ掛け針の付いた仕掛けをシャクっても簡単に引っかかるようではカマスも体がいくつあってもたまったもんじゃありませんよね。やはりシャクるからには少なくともカマスの回遊ルートに乗ってなければ確率も何もあったもんじゃない。

 

ですのでカマスのひっかけ釣りは最低でももう少し水深の浅い海域での釣りという事になります。では今のこの深い水深の釣り座では釣る方法はないのか?と言えば。徐々に口を使わなくなったと言ってもサビキ仕掛けに喰いつこうという感触?かすかなアタリ?はあるので、釣れないのはしっかりと喰いつかないだけなんですね。だったらサビキに寄ってきたカマスが其処にいるなら「引っ掛ければいいじゃん!」というのが今回の発想なんですね。つまりサビキの動きで寄せて引っ掛けてやろうというものです。

カマスサビキに引っ掛け針を追加する

※引っ掛け針

ここまでくればもうお分かりでしょう?カマスサビキの下に引っ掛け針を追加してサビキに喰いつかなければ、興味を示して寄ってきたカマスを下に着けた引っ掛け針でひっかける。カマスにとってみれば気の毒で仕方ないようなズルい釣法ですが、もともとは引っ掛け釣りとして存在した釣り方とのハイブリッドですから許されれていいでしょう。

 

私もカマス釣りが得意な友人との話の中で思いついた改造でして、仕掛けは試作できましたがまだテストが済んだわけではありませんが、今朝の友人の感触ではなかなかいい感じで釣れるという事です。彼の試した仕掛けは見ていませんが、話の内容から私の作った仕掛けと大差ない様子ですから、釣れるか釣れないかは釣り手の腕の違いだけという状況のようです。

 

私の試作品は、カマスサビキの下に引っ掛け針を図のように追加しようというものです。これは実釣した友人の仕掛けとほぼ同じです。違いがあるとすれば糸の太さやハリスの長さ、針の間隔。くらいでしょうか?実際に釣る時に気をつけることがあるとすれば、仕掛けがこれまでより若干長く(追加した分だけ)なっているという事くらいかな?

※略図

スナップで追加するだけ

この仕掛けは、本格的に引っ掛け釣りが始まるまでの僅かな期間だけの経過措置のようなものですから、スナップで追加するだけの簡易な仕掛けで良いでしょう。とにかく1尾でもよく釣れればそれでいいのですから。また、カマスが口を使わないのが水温だけの問題なら、日によってはサビキに喰らいつくこともあるでしょうから、どちらにヒットしたか?を確かめるのも一つの楽しみになるかもしれません。

 

今回は簡単な一つのアイデアでしたが、釣りのフィールドにはこんな小さなアイデアを生かして役立てるチャンスがまだまだいくつも残っていることでしょう。釣り自体がこのような小さなアイデアの無数の積み重ねからここまで来た楽しみですから常に変化して進化するものであることはその生まれ持った性質なのかもしれません。

 

今回取り上げたこのアイデアは既に実行されている誰かのアイデアの一部であったり何処かにさらに進化したアイデアが既に存在するかもしれません。魚との知恵比べは私たちの中に眠っている狩猟本能を刺激されて楽しいものです。     

 

では、また。

 

おかず釣り師が行く!「カマス釣り サビキは高くて 自作でゴー!」